京都記念2022予想と買い目

エスジェイ(@crisisnoeln)です。

続くか分かりませんが、今週から競馬の重賞予想を始めてみます。

買うレースのみ予想していきます。

京都記念2022ポイント

京都記念は芝2200mのG2レースです。

今年は京都競馬場の改装工事のため、阪神競馬場での開催になります。

2021年も阪神競馬場での開催だったので2年連続です。(おそらく来年まで阪神開催になります)

近年は強い馬は前哨戦なしでG1ぶっつけパターンが増えているので、G2のメンバーレベルが落ちやすい傾向がありますが、今年の京都記念はそれなりのメンバーが揃ったと思います。

注目馬

ユーバーレーベン

明け4歳牝馬。去年のオークス馬です。
オークス以降の戦績は秋華賞で13着と大敗し、ジャパンカップでは6着と健闘しました。
秋華賞は状態面で難があったようで、現在は秋華賞のときよりは調子は良さそうです。
オークスで勝っていますが、どちらかといえば東京よりも右回り向きかなとは思います。
おそらく1番人気になります。

 

レッドジェネシス

明け4歳牡馬。クラシック戦線はダービー11着、菊花賞13着と結果は出ていませんが、前哨戦の京都新聞杯1着、神戸新聞杯2着と好走しています。
レベルの高いといわれる現4歳牡馬世代の中でもトップレベルにやれる素質馬ですし、2200mは3歳の前哨戦で好走した得意距離でもあります。
人気しそうですが、有力馬の一頭であることは間違いないです。

 

サンレイポケット

明け7歳牡馬。なんといっても昨年は天皇賞秋、ジャパンカップと続けて4着という強い競馬をしました。
7歳になっても衰えしらずで今が全盛期ともいえる評価を得ています。東京以外の馬場だとどうなのかという疑問もありますが、G2までなら過去の実績でも十分通用はします。
ここでも期待できる1頭です。

 

ジェラルディーナ

明け4歳牝馬。父モーリス、母ジェンティルドンナという超超良血馬。
デビューから1勝クラスでややもたつきましたが、一度勝つと強い内容で3連勝しました。
前走のチャレンジカップでは4着と破れはしましたが、不利もあって敗因もありますし、距離ももっと長い方が良いという陣営コメントもあるので初2200mですが期待できます。
4勝のうち2勝は阪神コースでの勝ちなので得意コースでもあります。
超良血で期待値が高いだけに期待してしまいますが、今回はこのメンバーなら頭まで期待できます。

 

マリアエレーナ

明け4歳牝馬。安定感抜群の戦績が魅力です。前走は初古馬重賞でしたが牝馬限定戦とはいえ、レベルの高かった愛知杯で2着と好走しています。
崩れないタイプですし、2200m、馬場も選ばなそうなので、ここでも好走に期待できます。斤量も53kgと今回も期待できそうです。

 

その他注目馬

上位人気以外だと、個人的には、マカヒキとアフリカンゴールドに期待しています。

マカヒキは言わずもがなのダービー馬。明け9歳で繁殖に入れず永遠に引退できないループに凸した終わった感の強い馬ですが、G2までなら今でも十分に通用することを去年の京都大賞典で見せてくれました。阪神2200ならば、ここでもワンチャンありそうです。

アフリカンゴールドは、長らく不調が続いてましたが、この2走は好走しています。元々素質の高い馬なので、2200mは得意距離でもありますし、今回のメンバーなら逃げ不在ですし、展開面でも前有利になって3着以内までは十分狙えるかなと期待しています。

 

印と買い目

◎10レッドジェネシス
◯6ユーバーレーベン
▲2マリアエレーナ
△9ジェラルディーナ
注5,11,12

ワイド
6-10

3連複
軸6.10
相2.5.9.11.12

一言

上位混戦でなかなか難しいです。

個人的には、ユーバーレーベンとデムーロさんにがんばってほしいですが、馬券的には買いにくそうですね。

レース傾向的には、そこまで大荒れはしない感じで、前走G1組が強い感じなので、上位人気でジャパンカップ組のユーバーレーベンとサンレイポケットは注目ですね。

3歳戦とはいえ、前走G1組のレッドジェネシスを今回は本命にしました。人気も2~3番人気に落ち着きそうですね。

スポンサーリンク