罪と快5巻の感想レビュー※ネタバレ注意

エスジェイ(@crisisnoeln)です。

2019年に読んで面白かった漫画で星4.5の評価をした神漫画の最新刊を読み忘れていました。

2019年に読んで面白かった漫画を紹介しよう

2019.12.31

5巻の発売は10月だったようですが、先程読み終えたので感想レビューしていきます。

 

~あらすじ~

善は北条と水族館デートを楽しむ。いつもとは違い普通のデートの予定だったのだが、結局は変態プレイをしてしまう。
その一部始終を津崎孝介の使いの女に盗撮されてしまう。罠にはめられて津崎と北条の関係を疑う善はたまたま遭遇した蒼井に相談することに…

~5巻の感想~

相変わらずドMにはたまらんシチュエーションが多彩!

私的にこの漫画の何が神がかっているのかと聞かれれば、プレイ内容なのだろう。
いまだかつて、ここまでぼくにとって、かゆいところに手が届くものはなかった。(まあ探してた訳でもなかったが)

この漫画に出てくるプレイは全部やられたいです。
マジで高校生くらいのときに読みたかった。中学生の頃に読んでたら間違いなく漫画がバリバリに固まってしまい開けなくなっていただろう。小学生の頃に読んだイチゴ100%の4巻のようにパリパリになってしまっていただろう。

 

小悪党はどう絡めていくのか..。

津崎という一見真面目な生徒会長が実はヤバいやつで序盤から北条さんを狙っていて絡んで来ているのだが、コイツの嫌がらせがどんどんエスカレートしている。正直こっちの方向に物語をもっていくなら蒼井ちゃん(善のクラスの学級員的な娘)との三角関係の展開にしていったほうが絶対に盛り上がると思うのだが…。5巻の時点ではコイツの陰湿な嫌がらせがメインストーリーとなってきているので、この後の展開に絡んでくるのだろう。

 

北条さんの過去..

物語序盤から伏線となっている北条さんの過去。なぜ彼女は亀甲縛りが得意なのか?なぜ一人でマンションに住んでいるのか?過去になにがあったのか?など謎が多い。北条さんの伏線回収には注目したい。

 

出番が少ないぞ蒼井ちゃん!

4巻では善をラブホで待ち伏せし、薬を飲ませて眠らせたあげく「私を愛してくれないなら自殺するぅううう」とファンタスティックメンヘラプレーを爆発させてくれたクラスのアイドル学級員の蒼井ちゃん。「黒髪」「エロリヘラ」「真面目」という三器の神器を持つ蒼井美羽こそがこの漫画のメインヒロインではないのかい? 蒼井が「私が間違っていました。」みたいな方向に行くのが早すぎると思うのだが、善が蒼井ちゃんの好意を利用して行為をするというのは見たい。

総括

作者が巻末の描き下ろしで亀甲縛りの取材をしてきたようなことを書いていました。

取材によってプレイ描写に今まで以上に期待が持てそうでうね。

マジでこの漫画、ドMが読んだら発狂するくらいにツボを抑えていると思うんですよね。

まあぼくの趣味なだけなのかもしれないですが、毎回のプレイまでの導入やセリフ回し、シチュエーション、すべてM心をくすぐるんですよね。

これで作者が女性というのだから世も末だなと思いました。染谷ユウ先生、絶対にド変態だと思います(笑)

あとはストーリー展開のほうも、ドロッドロな三角関係のほうになってくれるとより僕好みになるんですけどね。少なくとも蒼井ちゃんが機能しなくなるのはもったいないぞ!!

私的に今現在、続きが気になる数少ない漫画でもあるので、早く続きが読みたいですね。

6巻の発売予定は・・・2020年4月25日です。

スポンサーリンク